古切手を少しでも高く売るための工夫

切手を収集している人、または過去に収集していて今も保有している人は、間違いなく全国に大勢います。また、別に趣味で収集していなくとも、タンスの奥にしまいっぱなしで遣いそびれた古切手を持っている人も中にはいるでしょう。
それらの古い切手ですが、そのまま保有し続けるよりも売ってお金に換えたいと望む人も少なくはないでしょう。しかし、どうせ売るなら少しでも高く売りたいのが人情です。そして少しでも高く売るためには、様々な努力や工夫が必要となります。

 

まずオーソドックスな方法は、切手の買取をしてくれる切手専門ショップを利用することです。この方法は、ある程度値打ちのある古切手には有効です。そんなショップは全国に幾つもありますので、ネット検索で簡単に探し出せます。

 

次に簡単な方法は、金券ショップに持ち込んで換金することです。この方法は、大して価値のない古い切手を売る場合に向いています。ただし価値のない古切手は、額面割れの価格でしか買い取ってもらえないのが普通です。たとえば額面100円の切手なら、買取価格は80円くらいになってしまうといった具合です。せっかく集めた古切手が額面割れになってしまうのは悲しいことですが、これが現実です。この場合、現実は素直に受け入れることが得策です。

 

また、切手ショップや金券ショップとは別の方法で売ることも可能です。それは、インターネット・オークションです。インターネットには色々なオークション・サイトがありますので、それらを利用して古切手を売るのです。上手く買い手が見つかってくれれば、ショップよりも確実に高く売れることが見込めます。

 

しかしその一方で、もしも買い手が見つからなければ一円にもなりません。オークション・サイトには、そんなリスクがあります。それに、たとえ落札希望者が現れたとしても、自分の望む金額で落札されるとも限りません。結局、自分の希望価格よりも低い金額でしか売れなかったということもあり得ます。いずれにしても、古切手を高く売るということは簡単ではありません。その覚悟はしておきましょう。