クローゼットに眠らせておいてはもったいない毛皮の買取相場とは

若い頃に頑張って購入したものや、先代から譲り受けたものなど、クローゼットに眠ったままになっている毛皮をお持ちの方というのは、実は大変多くいらっしゃいます。今の自分のファッションやライフスタイルに似合わない、貰ってくれる人もいないといった理由で多くの方が毛皮を持て余しているのが現状ですが、それでも毛並みがみごとな高級品をそのまま使わずにとっておくだけでは、もったいないの一言に尽きます。

 

そこで、便利に利用したいのが、お手持ちの毛皮商品を買取りしてもらえる専門店です。このような専門店では、毛皮の種類や品質、年代、商品の形、流行と市場での相場価格など全てに精通しているため、納得のいく価格での買取を行ってもらえます。そこで、一般的にどのような商品が、多く買取専門店で取引されているのかを見てみましょう。

 

まず定番のミンクやロシアンセーブル、チンチラといった毛皮は、価格相場も安定していて寝強い人気商品として多く取引されています。特にミンクやチンチラのロングコートは現在入手も困難で、ヴィンテージ商品としても高い人気を得ています。手入れ良く保存されていた商品となると、新品とは一味違った毛皮独特のツヤや質感が増しており、コレクターも多く存在しています。こういった商品は、毛皮の種類を限定した専門店に持ち込むことで、さらに相場価格よりも高い買取価格で取引できるチャンスもあります。

 

続いて上品ながら華やかな色味からファンの多いゴールドセーブル、一枚一枚の柔らかな濃淡が温かみを感じさせてくれるヌートリア、使いまわしの効くフォックスなどの商品ですが、これらはファッションのポイントとして使う小物が大変人気で、ショールやストール、帽子の相場が高くなっています。小物だからといって諦めずに、一度は品質を査定してもらうことをおすすめしたい商品です。

 

現在でも、養殖飼育を取り入れることによって新しい毛皮商品は作られていますが、一世代前の良質で贅沢な素材を使った商品となるとやはりとても入手が困難です。買取相場も上昇しており、売却を考えているならばまさに今がチャンスです。